薄毛と抜け毛の本数の関係

現在薄毛でない人が洗髪後、排水溝のネットに残った髪や
タオルで拭いたときの髪や、洗面台の下に落ちた抜け毛を
見ると、少なく見ても何十本も抜けています。



多分、70本以上はあると思います。

  
しかし、現在薄毛になっているかというと全くそうではありません。

薄毛でない方の抜けた髪の毛をよく見てみます。

するとその殆ど9割方の髪の毛が太くて長めの髪です。

    

抜けた髪は寿命(正常なヘアサイクル)を全うしているので、
抜けるべくして抜けた訳です。


しかし現在薄毛が進行している人の場合、同じ本数が抜けても
髪を見ると・・・・・・




そうです。


6割、7割の髪が根っこが細く弱った髪や、短い髪だったりします。

  
これから太くて長い髪に成長しようとしているのに、途中で弱って
抜けてしまった結果なわけです。
  

抜け毛は本数だけ気にしていてもダメなんです。


抜けたあなたの髪の「質」を気にしましょう!


短い抜け毛が多くなったきて方は、AGA対策をお早めに!




リピーター率=70%超えの育毛サプリ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。