薄毛のタイプT型U型を知るカテゴリの記事一覧

薄毛のなり方にはT型U型があります

薄毛のタイプにはT型、U型があります。

ご自分はどのタイプなのかを把握すれば
改善法も見えてきます!


T型5αリダクターゼとは?


T型5α-リダクターゼは毛髪に影響する部分では主に皮脂腺に存在しします。

DHTの3〜4割を生成し、皮脂の分泌過剰を引き起こすことにより
薄毛を進行させます。

T型には効果的なアイテムが少ないために、T型にも効果があると
言われていたデュタステライドが期待されたが、思ったほどの効果は
無かったようです。


他には緑茶がT型に有効だと言われています。




U型5αリダクターゼとは?


U型の5αリダクターゼはDHTの6〜7割を生成し、毛髪に影響する
部分では主に毛髪を生み出す毛乳頭に存在します。


U型優勢の人はフィナステライドがよく効くと言われている。

フィナステリドとはプロペシアの成分のkとです



T型U型を自分で判断するには


T型U型の区別の方法は、皮脂の分泌が多く10代20代で薄毛になる
人はT型タイプの可能性が高く、中年から薄毛になるタイプはU型
の可能性が高いと言われています。


T型U型を比較すると、T型はU型に比べて薄毛の改善が
難しいと言われています。


中年になってから薄毛が進行してきたU型の方は、飲む発毛剤プロペシアを試してみてはいかがでしょうか?


プロペシアは医薬品ですので、服用には医師の診断と処方箋は必要です。

プロペシア同様、U型の5α-リダクターゼを効率よく制御する、

臨床医学から誕生した飲むヘアケアサプリメント!
も現在大注目です!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。