薄毛に効果大スカルプケア

スカルプケアは薄毛対策に有効です。

頭皮に詰まった皮脂が原因で薄毛が進行してしまう場合も
多いですので、しっかりとしたスカルプケアで頭皮を
清潔に保つことは育毛を成功させる上でとても大切です。

スカルプケアにはすぐれたリラクゼーション効果もありますので、
日頃からストレスをためている方には特にお勧めです。

最近では美容室でもスカルプケアを行っているところが
多いようです。

美容室ではヘッドスパというメニューですが、
スカルプケアを同じことです。

スカルプケアには頭皮の緊張をやわらげて、
血行を良くする効果がありますので、
できればお風呂上がりに自分で行うことをお勧めします。


スカルプケアという専門用語を使ってしまえば、
すごく難しいように感じてしまうかもしれませんが、
要は頭皮をマッサージしたりする頭皮ケアの事ですので、
毎日、お風呂上がりに頭皮をマッサージしている方は
かんたんなスカルプケアをしていることになります。


今回の記事では正しい頭皮ケアについて教えします。

まずは、シャンプー前のブラシング。

いきなり髪の毛を濡らしてシャンプーするのではなく、
まずはブラシングで頭皮の汚れを浮き上がらせます。

そのあとに髪の毛と頭皮をお湯で濡らすわけですが、
ここでも注意してください。

ほとんどの方は、シャンプー前に髪の毛をかんたんに
濡らすだけすが、お湯だけでも髪と頭皮の汚れの70%以上は
落ちると言われていますので、シャンプー前の予備洗いが
かなり重要です。

もちろんシャンプーの方法も重要。

必ず指の腹を使って丁寧に頭皮を洗うようにしてください。

シャンプー後のすすぎもかなり重要です。

十分すすいでいるつもりでもすすぎ不足という場合が
ほとんどですので、プラス10円は水道代を使うつもりで
すすぎを行って下さい。

このようなことを意識的に行うだけでも、
頭皮はかなり改善されてきます。

もちろん自分にあった育毛シャンプーを
使用することも重要です。

下記のスカルプDシャンプーは現在薄毛の方にもの凄い人気ですね。
   ↓



頭皮の痒みと薄毛の関係

最近、頭皮の痒(かゆ)みをうったえるかたが
増加しています



理由はさまざまですが、抜け毛の多い方や薄毛の方で
多いのは皮脂過多による頭皮の痒みです。


薄毛進行のサインともいえますので、
緊急の薄毛対策が必要です。



その他、シャンプーのすすぎ不足による炎症の場合もあります。
シャンプーのすすぎ不足は抜け毛の大きな原因になります)


頭皮に薄赤い斑点が出来ている場合は、脂漏性皮膚炎も考えられます。

脂漏性皮膚炎は皮膚科を受診しても、原因が特定出来ないらしく、
フルメタローションというアルコールに強いローションを、痒いときだけ
塗布して下さいと渡される場合が多いです。


いずれにせよ、頭皮のトラブルは脂性肌による皮脂かシャンプーの
すすぎ残しによる場合が多々あります。


薄毛の方で頭皮がべたついている方は、
シャンプーは脂性肌用(オイリー)をご使用下さい。


抜け毛予防は頭皮の改善から!ヘアメディカル・スカルプD

頭皮はブラシで叩くべからず!

テレビドラマなどで、薄毛のお父さんがブラシで頭皮をトントンと
たたいているシーンがありますね。



そのようなシーンを見ると、ブラシで頭皮をトントンとたたいたら
育毛効果があるように思ってしまいます。


しかし実際はブラシで頭皮をたたくことは育毛によくありません。


皮膚(頭皮も含めて)自分の身体より硬いもので刺激を与え続けると、
その部分が硬くなってしまいます。


ブラシなどで毎日頭皮をたたいていては、頭皮が硬くなって
育毛に逆効果になってしまいす。


頭皮をたたいてはいけないと言っているのではありません。


頭皮をたたくいて刺激を与えることは有名育毛サイトでも
指導しております。

育毛マッサージを伝授!


ただし自分の指の腹を使い、リズムよく頭皮に刺激を与える
育毛マッサージ
育毛を成功させるカギです。


そうすることにより、血行がよくなり毛乳頭や毛母細胞へは
栄養が行き渡りやすくなります。


頭皮の救世主です。育毛の成功には是非一つもっていて下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。